花

暮らしのお役立ちコラム

給排水設備工事、水漏れの修理、水廻りリフォーム、給湯器・エコキュート等の新規設置・修理・交換など、様々な設備工事の施工事例や、水廻りや暮らしの中でちょっと役立つ記事などを掲載しています。トイレ・洗面・給湯器のことなど、ぜひ参考にしてみてください。

  • Aim工業

キッチンは高さが重要です!

更新日:2020年9月18日

まな板で野菜を切る音、包丁がまな板に当たるトントン トントン・・

私はこの音が大好きです。今流行りの「ASMR」。YouTubeで毎日

見てしまいます。


キッチンは一日に何度も立つ場所ですね。

食事の準備では食材を切る、混ぜる、茹でる、揚げる、炒める、

盛り付ける。そして食事が終われば食器洗い。これを365日、一日3回

だとすると・・1年に1095回!!こんなにキッチンに立つんですねぇ。


キッチンでの悩みの1つに高さが合わないことでの腰痛や肩こりがあります。

私が使っていたキッチンは30年近く前のもので高さが低く、腰を引いて背中を

丸めて洗うので腰が痛くなり、洗ってる途中で何度も何度もよっこいしょ、と

腰を伸ばしていました。

これ、経験している方かなり多いのではないかと思います。

逆に高さが高すぎて、食材を切ったりフライパンを振るたびに腕が痛くなり、

肩こりに悩まされているという方もいらっしゃいますよね。






これからキッチンの買い替えをご検討

されるのであればぜひご自分に合う

「高さ」を1番に考えてください。


メーカーでは 身長(㎝)÷2+5㎝ 


この式に当てはめて出た高さを目安に

すると使いやすい高さが見つかるとされています。


私の場合身長が158㎝なので、

158÷2+5=84 で84㎝の高さということです。






そして実際に使う状況です。裸足でキッチンに立つのと高さのあるスリッパで立つの

ではまた変わってきます。

それから腕の長さ。肘の位置がちょうどいい位置にこないと使い勝手がかなり変わる

のではないでしょうか。


一番いいのはショールームで実際にキッチンに立ってみること。このとき履いている

靴の高さに注意してくださいね。高さのあるヒールの靴ではなく実際に使う時と同じ

状況で立ってみてください。


ちなみに身長158㎝の私は85㎝の高さのキッチンにしたところ腰が痛くなることは

全くなくなりました!


1年に1095回も使うキッチンだからこそ毎日快適に使いたいですよね。




Aim工業ではそんな快適なキッチンづくりのお手伝いをいたします。

毎日立つのが楽しくなるようなキッチンを一緒に作りましょう。

各種お取り扱いございます。悩んだらぜひお気軽にご連絡ください!!




#キッチン

#リフォーム